LINE WORKS(ラインワークス)とLINEの違い

LINE WORKS(ラインワークス)は、LINEの子会社であるワークスモバイルジャパン株式会社により2017年2月2日にサービスが提供された。

”WORKING CLOSER”というコンセプトのもと、LINEならではの「利便性」や、業務上に求められる「機能性」、そして高い「安全性」を兼ね備えたサービスとして展開しています。
導入企業数は2020年1月時点で10万社を突破しており、有料ビジネスチャット国内No.1のシェア。また、飲食系や医療系など様々な業種への実績があります。

そもそもLINE WORKS(ラインワークス)とはどういったものか..などを簡単に解説していきます。

LINE WORKS(ラインワークス)とは?

「そもそもLINE WORKSってなに?」「いままでのLINEとどう違うの?」という方も多いでしょう。機能を紹介する前に、まずはLINE WORKS(ラインワークス)の基礎知識を確認していきましょう。

LINE自体スマートフォンなどのアプリ利用の認識が多いですが、LINE WORKS(ラインワークス)はスマートフォンはもちろん、PCでも同じように使うことがで可能だ。また、ひとつのアカウントで複数の端末にログインできるので、現場やオフィス、移動中など状況によって使い分けましょう。

LINE WORKSの利用用途は?

LINE WORKS(ラインワークス)は、ビジネス用にLINEから派生したビジネスツールです。

ビジネス用といっても宣伝やクライアントとのやり取りではなく、従業員のやり取りをメインとしています。そのため、個人のLINEアカウントとは別に仕事用のINEアカウントとして使い分けが可能です。

LINEとの違いは?

大きな違いとして、LINEは個々でサービスへの登録が必要だが、LINE WORKSは管理者が利用者(メンバー)を管理する仕組みです。
もちろん自分でアカウントを作れば管理者はあなたになるわけです。

利用料金は?

LINE WORKS(ラインワークス)では無料で使えるフリープランも併せ4つのプランが用意されています。

フリープランでは、ユーザー数は100名までと限られています。また、共有ストレージ5GB、メール・カレンダー・Driveなし、ログ検索は直近2週間までなど様々な機能が制限されています。
このようにフリープランは制限が多いように思えますが、規模によってはフリープランでも十分使えます。
ただし、180日間一度もご利用がない場合は、自動退会となるので注意が必要だ。

プラン名フリーライトベーシックプレミアム
料金無料300円500円1,000円
LINE WORKSの料金プラン

表示されている料金は、税別で、1ユーザ/月 (年額契約)。

フリープランではどんな機能が使えるの?

次に、LINE WORKS(ラインワークス)のフリープランではどんな機能が使え、またどんな制限があるのを秒でわかりやすく解説した記事があるので参考にしてみてください。

LINE WORKS(ラインワークス)まとめ

LINE WORKS(ラインワークス)は、LINEから派生したビジネス専用アプリです。

LINEアカウントとは完全に独立して社員間のやり取りを行うことができます。また、管理者が所属メンバーを管理するのでセキュリティも高く安心して利用できると思います。
完全無料のフリープランがああります。トーク機能や通話機能、ノート機能といった通常のLINEで使える機能はほぼそのまま使えますのでビジネス用の連絡ツールとしてLINEを使われている場合は、一度LINE WORKSと併用して使用してみてはいかがでしょうか?

Have a good one!