Spotify STREAM ON

Spotifyは米国時間2月22日、リスナーに新作をアピールできるアーティスト向け新機能「Marquee」の拡張機能となるDiscovery Modeと呼ばれるツールのベータテストの開始する事を発表した。
「Marquee」の他にライブイベントの一環として、Marqueeの拡張機能となるDiscovery Modeと呼ばれるツールのベータテストの開始や、ループビジュアル機能であるCanvasのすべてのアーティストへの開放、Spotify for Artistsプラットフォームを25カ国語に拡大する計画といった、一連の新しいクリエイターツールやリソースを発表した。

すでに2020年公開された「Marquee」はアーティストとそのチームがフルスクリーンのスポンサー付きレコメンデーションを通じて、無料と有料の両方の購読者に新作を宣伝できるツールである。Spotifyによると、Marqueeのポップアップを見たユーザーは音楽を保存する率が2倍になるという。
現在、Marqueeはアーティストのセルフサービスでの購入体験として利用可能で、チームはアーティストプロフィールを更新するのと同じくらい簡単にいつでもキャンペーンを予約できる。

このセルフサービス機能は米国で開始され、2021年夏には北米以外の英国、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランドに拡大される予定だ。