Spotify STREAM ON

米国時間2月22日に開催された同社のオンラインイベント「Stream On」にて、Spotifyは後数日の間に、85の新しい市場でサービスを開始し、36の新しい言語をプラットフォーム上に展開する予定を発表した。


Spotifyは現在2021年2月時点、月間利用者3億4500万人、有料会員1億5500万人と既に世界最大級の音楽配信サービスである。新たな市場はアジア、アフリカ、カリブ海、ヨーロッパに拡大。Spotifyのチーフ・フリーミアム・ビジネスオフィサー、 Alex Norstrom氏によると、バングラデシュやパキスタン、ナイジェリアはインターネット人口が最も急増しており、特に重点な地域として挙げている。今回、新たな85の新規市場サービス提供開始をするにあたり、対象ユーザーは10憶人以上にも拡大する。
また、市場拡大に合わせて、プラットフォームの対応言語もルーマニア語、ヒンディー語、スワヒリ語などを含む36言語を追加。トータルでは60言語以上に対応する予定だ。

これら新たな市場のそれぞれの固有ニーズを満たす音楽体験を提供するために、地元のクリエイターやパートナーと協力し、閲覧ページや検索ページは、サービスを使用するほど、ローカル市場と視聴者の好みに適応するとのことだ。
なお、オンラインイベント「Stream On」では、グローバル展開に合わせて様々な新サブスク、新機能サービスの発表がされており、今後のSpotifyのグローバル展開に目が離せない。